八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

高加水生地のパンは手に余る*マーボー豆腐

こんにちは

お昼はパンとお湯を注いだスープを付けて、簡単お一人様ランチです。

最近借りてきたパンの本が、高加水で作るという粉もんの本。

f:id:ura-sima:20210419132018j:plain

いやいや・・厄介です、水分量が粉類の80%、扱いにくいったらありゃしない。

イースト菌は1gで、粉類は(強力粉+薄力粉)500g、冷蔵庫で寝かせて置いて、

今朝、生地の半分ほどを取り出してざっくり4等分、オーブンの発酵機能で二次発酵を

させて220度で15分焼き。

もう少し焼いた方がよかったかな、むっちりとした重いパンの出来上がり。

 適当に混ぜて冷蔵庫でお休みさせておけばいいので楽なんですが・・・

次回は70%に変更して作ってみる予定。

※予定は未定ということですね、自分に甘く生きることが大事です。

 

500gの粉に対してイースト菌が1gというのは魅力的、イースト臭さが無いです。 

しかし、この本はタイトル通り「粉もの」の本です。

パンに関しては、今回焼いたざっくり形のリュスティックとパン・ド・カンパーニュの

二つだけ。ほぼピザ生地のアレンジ、韓国のホットクの種類も多いです。

ホットクというのは、今回初めて知りました、日本版おやきみたいな感じでしょうか?

甘い物では餡子、ナッツやハチミツなど、おかず的なものではキムチ、切り干し大根な

どもありましたよ、これはきっと作らないけど。。

::::

 

4月17日 晩ごはん

マーボー豆腐

キクラゲと卵の炒め物

海藻麺のサラダ

f:id:ura-sima:20210418094126j:plain

 乾燥キクラゲ、戻すと7~8倍今回は失敗しませんでした。

ura-sima.hatenablog.com

 また・・・タイトルを書いて、ポチッとしたら更新してしまった、

は~~タグはなし。。それでは、、もう一度更新します。

 

これから頼まれた用事で銀行へ、地方の端っこに住んでいるので大変なのよ、銀行の支

店・出張所が3月末で閉鎖されて、遠くになってしまってねえ~

 

ではまた。。