八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

ポトフのソーセージと今生の別れを惜しむ

こんにちは

胡椒たっぷりのポトフです、皿までかける必要はありませんね、

水を600CCにコンソメを一本入れて、まずはじゃが芋と人参、ベーコンも一枚入れて

コトコト。じゃが芋が煮えたところで、キャベツとソーセージを追加。

セロリの葉っぱも香りづけに入れました。

*セロリやパセリの軸を入れると、コンソメ特有の香りが少し和らぐ気がします。

::::

【6月17日晩ごはん】

ポトフ

サラダ

モズクの酢の物(豆腐をひとかけら、薬味たっぷり)

山菜の煮物(ミズ、蕗、蕨、人参、干しシイタケとさつま揚げ)

::::

夫がポトフのソーセージを最後まで残しておくので、何故?と聞いたら、

「ほかに肉が無いから」という答え。

 

今生の別れを惜しんでいるので、そっとしておくべきだった。

::::

 

「6月18日おひるごはん」

タコ糸でぐるぐるにした鶏のもも肉を圧力鍋で茹でておいた、

モヤシのナムル、キューリとトマトと一緒に切って並べただけ。

これだけでお昼を済ますことができれば、ダイエットになるかもしれないが、

しっかり乾麺を100g茹でて食べるのです。

夏は蕎麦に限る!

薬味をたっぷり(万能ねぎ、大葉、茗荷)焼きのりも好きなだけ乗せて。

これだけ食べれば、午後に眠くなるのも頷ける。

お昼寝が済んだらおやつはこれ、

岩手のヨーグルト、まるでクリームが入っているかのようにコクがあってもっちり。

「みるくぼーや」かわいいね、

湯田牛乳公社 公式サイト

 

さて、今夜は魚、カマスを買ってきました。

それではまた。。