八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

山菜炊き込みごはん*鶏つくね鍋

こんにちは

今日の昼ごはんは、山菜の炊き込みご飯です。

うるち米2.5合:もち米0.5合 で作りました。

頂きもののタケノコと、ワラビ、庭から細~~い蕗を採って、油揚げと干しシイタケ。

具材はさっと煮ておきました、煮汁を冷ましてから水を足してご飯の色が濃くならない

ように醤油は少々でスイッチOK。

f:id:ura-sima:20210608123903j:plain

大きな器に盛り付けて、それぞれ好きなようによそって・・いただきまぁ~す

ええ~しっかりおかわりしました。

f:id:ura-sima:20210608123841j:plain

おかずは簡単、残り物で。

ヒジキの煮物、うるいと竹輪の酢味噌和え

厚揚げを温めて薬味をのせて、お味噌汁は大根とワカメ

f:id:ura-sima:20210608123852j:plain

::::

時を戻そう~朝食は、

パン、サラダ、かきたまスープ

f:id:ura-sima:20210608125116j:plain

::::

6月7日 晩ごはん
鶏のつくねと白菜の鍋

うるいの酢味噌和え、冷奴、キューリとワカメの酢の物

f:id:ura-sima:20210608125446j:plain

f:id:ura-sima:20210608125527j:plain

 *山菜:うるい(昨日、里山から頂いてきました)

お庭にギボウシを植えていらっしゃる方も多いと思いますが、園芸用は食べないで。。

 うるいはオオバギボウシという名が付いています。

本州から北海道にかけての、山地や草原などの湿り気があるところに広く自生していて、古くから山菜として食用にされてきました。

 白い軟白栽培されたものはチコリにも似た葉の雰囲気がありますが、味、香りともに癖や苦みは無く、しゃきしゃきっとした食感があり、とても美味しいです。

少しネギにもにたぬめりがあり、食欲をそそります。 

http://ユリ科ギボウシ属の多年草

 

::::

お昼ご飯をしっかり食べたので、晩ごはんは軽くしなければ。。

食べ過ぎると・・眠くなるねぇ~と。

 

いかん・いかん、これから梅仕事でっす。

それではまた。