八つの風を受けて

小さな食卓ブログから15年経ちました

イカめしは爆発させてはいけない

圧力鍋で作ったいかめしです。

f:id:ura-sima:20200716161316j:plain

今年は生のイカをスーパーで見かけるようになりました。

ずーーっと冷凍物しか見ることが無かったのに・・・ちょっと期待したい、

先日イカ刺しを作った時に 「イカめし食べてないよね~」と、言われて・・ぐるぐる

思い出してみたけど、最後に作ったのはいつだったか全く思い出せない。

確かに3年ほど作っていないかも。いろんな魚が不漁ですよね。

f:id:ura-sima:20200716144947p:plain

小さな夏イカ2杯、お米は半カップ(モチ米も美味しいです)

調味料は、ひたひたの水に砂糖、醤油、酒で、甘じょっぱい感じにして、生姜も入れました。イカから旨みが出るので出汁いらず。

シュルシュル~としたら、火を弱めて10分ほど、火を止めて放置するだけです。

イカにお米を詰める時には、身の中に1/3強ぐらいです。

決して半分も詰めたらいけません、爆発するぞ~~~~です。

イカゲソも細かく切って入れてもいいですが、ワタ煮を作るので入れませんでした。

この煮汁を使って、ワタ煮を作ります。

f:id:ura-sima:20200716202126p:plain

大根とイカゲソのワタ煮、モロヘイヤとメカブの酢の物、

キューリと梅味噌とキムチ。

::::

さて、あずま袋の手長バージョンが出来上がりました。

f:id:ura-sima:20200716095713p:plain

手を結ぶスタイルと、こんなジョイントも持っています。

肩にかけると丁度いい感じですが、エコバックにするには小さいかな・・・

まっ、出来上がれば良し!という事です。

f:id:ura-sima:20200716203124j:plain

次に作る予定はこれです、またまた100均の手ぬぐい利用です。

姉たちから頼まれている野良仕事の帽子。

自分でかぶって写真を撮ったらいろいろと支障が出たので、夏の帽子にかぶせて写真を撮りました。

長姉も次姉も、立派な後期高齢者ですが 畑仕事はバリバリ現役。

催促が来ないうちに ちゃっちゃっと作らねば。。

 

それではまた。

夫が今日はゴルフでした・・・2番ホールで熊が出たと。

「山ですよ、君たちがお邪魔しているんだよ」と言ってやりました。