八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

ブルーベリーマフィンを焼く

こんにちは

今年はブルーベリーが豊作、いつもよりも粒も大きいんです。

今日はマフィンを作りました。

材料 卵:1個 、砂糖:60g 、

   薄力粉:100g 、ベーキングパウダー:小さじ1

   牛乳:大さじ2

   溶かしバター:30g

オーブン温度:180度、18分程焼きました。

生地はホットケーキより若干緩いかな、卵の大きさで変わるので重い時は牛乳で調整。

マフィンの作り方はたくさんあって、バターをしっかり練って作ると日持ちがします

けど、ちょっと疲れるので手を抜いてレンジで溶かして。

おやつはコーヒーとマフィンです。

コーヒーを入れる時は、粉の量をきちんと量りましょう~

今回は粉を25g、出来上がり量は二人分で280CC。

::::

 

茗荷の豚肉巻き

茗荷の消費が大変です、薬味だけではなかなか・・・

「はがいかない!」こちらでは、「はがゆがねぇ」これは方言です。

 

「果が行かない」捗らない、順調に進まない、という意味ですが、ずっ~~っと、

方言だと思ってました。

「さっぱど、はがゆがねぇ~」と、お年寄りさんが使っていました、今はもちろん

ワタシも使います・・いつのまにか?すっかりお年寄りさんですから(笑)

 

【8月17日晩ごはん】

茗荷の豚肉巻き

茄子のひき肉、みそ炒め(大葉をたっぷり)

ブロッコリー・トマト・ゆで卵のサラダ

胡瓜と茗荷のナムル風(顆粒中華だし、胡麻油、塩)

茗荷の豚肉巻きは、ちょっと淡白で味がぼやけてしまったので、近日中にもう一度。

梅を叩いて一緒に巻いてみようと思案中~~

たれも甘辛の照り焼き風ではなく甘酸っぱい梅風味もいいかも。

 

さて、今夜も胡瓜と茗荷と茄子。

それではまた。。