八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

新生姜の旬が秋だなんて知らなかった

新生姜の甘酢漬けが好きです、いわゆる「ガリ」というやつですね。

店頭で見つけたらつい手に取ってしまいます、新生姜の季節も今だけと思っていたら、

本当の旬は秋らしいのです。

新生姜の旬

夏になるとスーパーなどでよく見かけるようになるため、新生姜の旬は夏と思っている方も

多いのではないでしょうか。新生姜の旬は栽培方法によって異なります。

路地栽培の場合は9〜10月、ハウス栽培はそれよりも早い夏が旬といわれています。

そのため、夏に出回っている新生姜はハウス栽培のものが多くなっています。

delishkitchen.tv

岩下の新生姜♬」と頭の中でCMの音楽が流れて台所で一人新生姜を刻んでいます。

::::

でも写真はなぜか、、新生姜の佃煮!

甘酢漬け用よりも少しだけ厚切りにした生姜を水から3~4分下茹でしておく。

水:酒:砂糖:醤油、同分量の大さじ3でコトコト30分ほど煮るだけです。

30分後・・・冷ましているうちに色合いも濃くなります。

作りたては「ぴりっと辛い」です、時間を置くことで辛味も薄らいできます。

そのまま酒のつまみ、刻んでゴマやじゃこ合わせて🍚のお供やおにぎりにも。

::::

新生姜の甘酢漬け

新生姜を200gぐらい、薄切りにして沸騰したお湯で1分茹でて冷ましておく。

::::

*甘酢つけ汁
 昆布だし:150~180CC、

 酢:120CC (我が家は酢の割合が多いです)

 砂糖:大さじ5

 塩:少々

あとは瓶に詰める時に、鷹の爪を少しだけ入れておきます。

::::

おまけの生姜酢

これは一年中作っている生姜酢で、かれこれ5年以上作り続けています。

生姜(80~100g)を刻んでレンジで50秒、

酢(今回は黒酢)100CC、蜂蜜を茶さじ1杯、全部を混ぜて瓶に入れるだけ。

毎朝、納豆に茶さじで一杯、お浸しにも一杯、酢の物にもこれを使います。

::::

お酢を毎日摂れば内臓脂肪が減るという、医学的データが有るとか無いとか、

CMで見たことがありますが・・・

いまだに内臓脂肪が減ってはおりません。。。なぜ?

::::

これを食べれば、、あれを摂れば、、たらればの話ですね。

 

「箸をおいたら 靴を履け」  実行するのみです。