八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

酒粕酵母でパン2種類・ハロウィンはカボチャ

みなさん こんにちは

ハロウィンなので、カボチャです・・・どこに?

クルクルっと巻いたおやきに挟んであるのがカボチャです。

f:id:ura-sima:20201030131245j:plain

 酒粕酵母でやっとパンが出来上がりました。

「左」切り株風お焼きです。カボチャのマッシュをいれました。

フライパンで弱火5分、ひっくり返してまた5分、仕上げに強火でこんがりと。

「右」丸パンは、コーン・ハム・パセリをマヨネーズで和えて包みました、2次発酵が

終えてから十字に切り目を入れて上からも残して置いたコーンをのせてマヨもかけて、

卵汁で照りを付けたら綺麗ですが、中途半端に卵が残るので止めておきました。

【オーブン】180℃ 15分で焼き上がり。 

f:id:ura-sima:20201030163328j:plain

 写真多めです、断面も 

f:id:ura-sima:20201030131430p:plain

コーンの方は間違いない美味しさです。マヨネーズのおかげでしっとりしています。

問題は・・・カボチャのおやき。作った者の特権で熱々を食べたら、

「うおぉ~酒粕勝ってる~」と、その上カボチャに甘みが無かった、

「砂糖が遠いぞ~~~~」でした。

 

カボチャをマッシュして冷凍するときに、甘みを付けたか?覚えていない、

そこんとこちゃんと味見をすればいいのに…とっても健康的なおやきです。

でも冷めたら全く酒粕は感じませんでした 、夫は全く分からなかったようです。

昨日の予定ではナスのみそ炒めだったはずですが、朝ご飯にみんな食べてしまって。

 

::::

長い道のりでした~寝た子がやっと起きた感じです、

【分量】 強力粉:200g、元種:60g、塩:少々、水:90㏄~様子見ながら

夜8時:準備をして捏ね始めて~20分 まとめてしばらく置いておきました、

夜9時~冷蔵庫へ、おやすみ

f:id:ura-sima:20201030133135p:plain

午前6時に冷蔵庫から取り出したときは、一回り大きいかなという感じでした、

そのまま台所にしばらく置いておきました、

午前9時ごろ確認、右の写真のようにふっくら~~ポリ袋に負けじと頑張っています。
指を刺してみたらいい感じです。 

 

今回は酒粕酵母の初体験なので、甘み・油分を入れずに素朴なパンにしました。

えぇ~~とっても素朴でした、、、

もっと写真を撮ればよかったんですが、つい忘れて次の作業に入ってしまいます。

f:id:ura-sima:20201030134953j:plain

おやきの発酵、フライパンにぬるま湯を入れて網をのせて6個に切ったおやきをのせて

濡れ布巾とボールを蓋代わりにしています、ここから約1時間かかりました。

右は焼いている過程の写真です。

コーンのパンは濡れ布巾とラップをかけてストーブのそばにおいておきました。

 

あとは、翌日のパンの固さがどの程度なのかが気になります、

※追記 おやきはやや硬めになり、コーンの方はそのまま食べられる程度を維持。

酒粕酵母はもう一回分はあるけれど継ぎ足しはしないかな、砂糖もバターも入れて小

さな食パンを作る予定です。レーズンの方?

変化なし、ガッカリdesu!

 

今日はいい天気、しっかり洗濯も終了。。

それではまた。