八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

ヴィシソワーズ/芋レシピ

 みなさん こんにちは

昨日は芋料理はしませんでした、今日のお昼は冷たいじゃが芋のポタージュ

「ヴィシソワーズ」 言葉の響きはちょいとオシャレです。

f:id:ura-sima:20200909131350j:plain

まだまだ冷蔵庫にじゃが芋がスタンバイ中、メークインを使いました、大きめを1個、バターでタマネギと長ネギを炒めて、じゃが芋を入れて焦げないように炒めて、

水を200ccと、コンソメ少々入れて、圧力鍋でシュルシュル~~と。

あら熱が取れたら牛乳を200cc、生クリームを少し入れてコクを出して、しっかり冷やしてパセリをちょいと。。

今日のパンは青森のお米「晴天の霹靂」が少し混ざったもので、もっちもち?らしいのですが、その辺はよくわからず。

f:id:ura-sima:20200909131424p:plain

小さなじゃが芋は角切りにして、カラッと揚げて目玉焼きとベーコンと一緒に。

卵を崩してつけながら頂きました。

 

図書館からじゃが芋の本を借りてきたのですが・・・

フライドポテトのバリエーション、コロッケのバリ・・・などなど、今一つ。

それに、芋と小麦粉を両方使うレシピは遠慮したいので、なかなかホワイトソースを作る気にならないんだなぁ~

::::

昨日の晩ごはん

豚のロース肉は、柚子胡椒と酒を混ぜたものに一晩漬けて、魚焼きグリルで焼きました

もう少し焼き色が欲しかったところ、柔らかくて美味しいけど見た目も大事よね。

f:id:ura-sima:20200909132755j:plain

 ゴーヤとツナのサラダ、ホウレンソウの白和え、

コンニャクの煮物にはかつお節をたっぷり。。

 

::: 

さて、昨日はこじゃれたニョッキなんぞを作ったわけですが、

「まぁ~そこそこお洒落だけど、芋餅の方が旨いよね」と、夫の一言 

芋餅は全国各地でいろいろバリエーションがありますが、北海道の芋餅は有名ですね。

 

こちらにもえぞ餅というのがあります、岩手県北地域の料理です。

コメが不作になることが多い寒い地域ですので、コメを三食食べるという事はなかった時代の話かもしれません。

今は稲の品種改良も進んで、気候もこの通りですので豊作が続いていますが、

昔は冷夏になることも多く大根を混ぜたご飯、かて飯とか、芋や粉物を調理して食べていたんですよね。

蝦夷餅はじゃが芋にたっぷりの片栗粉を入れて作ります、

芋と芋デンプンの掛け合わせ、恐ろしい~~

迷ってます。。

 

 

それではまた、