八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

牛乳プラスワン推進・ゼリーとガムシロップ

f:id:ura-sima:20200611110429j:plain

ゼリーを作りながら、脳内は ♬大黒摩季さんの夏が来る

夏が来る~きっと夏は来る
真っ白な馬に乗った王子様が 磨きをかけて 今年こそ
妥協しない アセらない 淋しさに負けない

"何が足りない どこが良くない"
どんなに努力し続けても 選ばれるのは Ah 結局
何も出来ないお嬢様

何もできないお嬢様は可愛いけどね。(何もできない婆は山に・・か)

 

暑い暑いとブツブツ言いながら、食べたい物はせっせと作ります。

ゼリーや寒天寄せが夏のおやつの代表。

昨日は牛乳ゼリーとコーヒーゼリーの2種類を作りました。

牛乳ゼリーはコロコロ状に切って、コーヒーゼリーはクラッシュに。

どちらにも甘味は付けていません。

これらのゼリーに必要なものといえば、ガムシロップです。

コーヒーフレッシュのように小さな容器に入った物もありますが、

夏はドーンと作ります。

以前、社宅暮らしの頃に教えて頂いたレシピで作っています。

作り方はいたって簡単、炭酸水に砂糖を入れるだけです。

1)炭酸水 250㏄

2)氷砂糖 250g

基本は同分量で。
火にかける必要もなく簡単ですが、前日に購入しておきましょう、

まず、炭酸水の半分をハイボールでいただきます! ここ重要(笑)

 ※酎ハイでもよろしい~

f:id:ura-sima:20200611111921j:plain

砂糖は何でもいいですが、できればグラニュー糖や梅酒などに使った氷砂糖などあれば
なお良し、さっぱりとした甘みになるような気がします。ワタシはいつも氷砂糖です。

以前の氷砂糖は、ロック用の氷ぐらい大きかったですが、

最近はサクマドロップのように小さくなって、ボトルの口から入れやすいです。

入れたら優しく振っておくと段々溶けてきます。

 

冷蔵庫で2~3週間は大丈夫です、瓶をきちんと煮沸する方はもっと長く日持ちします

ワタシはペットボトルをそのまま利用しますので、10日ほど経ったら鍋に戻して沸騰させて、新しい容器に入れ替えます。

その方がなんとなく安心しますので。

 

砂糖を減らすとカビの原因にもなります、砂糖は防腐の効果もありますね。

知られざる砂糖の秘密と性質 :: フジ日本精糖株式会社

 砂糖はカビ、細菌の繁殖に必要な水分を吸収して繁殖できないようにします。でも砂糖の量が少ないと防腐効果がありません。

防腐効果を出すためには、少なくても全重量の半分以上の砂糖を使う必要があります。

::::

さて、学校のお休みで給食の牛乳が余っているというニュースは知っています、 

牛さんは「絞ってくださーい」と、毎日搾乳しなければなりませんね、

生乳の価格はというのは、牛乳用の方が加工用よりも高いとの事、

牛乳として消費者の方にたくさん飲んでもらった方が、酪農家さんにとっては良い事。

農水省も「牛乳モ~一本」と、言ってます。

冷たい牛乳は苦手でも甘いものは 別腹です。

::: :

f:id:ura-sima:20200611141645j:plain

6月10日 晩ごはん

 鮭焼いて、煮物を作って、コールスローサラダに鶏むね肉をほぐして入れて・・・

なんとも代わり映えのないご飯です。

ぱ――――っとしたものが食べたい!! ナニを?と聞かれると答えに困るけど。

:::::

今日は雨なので昨日よりも気温が10℃も低く涼しいのですが、少々ムシムシします。

わが家は小さな平屋の家ですので、夏はとても暑いです。

午前中にできる限りの家事をやっておくことが絶対条件。

お昼ごろには洗濯物は取り込んで、窓を全部閉めて、

「いざ クーラーよ 出陣せぃ!」

 ・・・今は除湿中。。

 

それではまた。

ペットボトル、スパウトパウチの口を開けるのが苦手で、

100円ショップで赤い栓抜き(?)を購入。

夫いらずで便利です。。