八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

ときめくか?否か?夫は?

f:id:ura-sima:20200516165658j:plain

G・W(ガマン・ウィーク)も終わり、ステイ・ホームも少しづつ緩く~なりつつ
新しい生活様式、というようですね。

この期間にお片付けをした方も多かったらしく ゴミ収集の方も大変なお仕事です。

 

さて、片づけをしていたら半端な生地が出てきたので、前掛けを作りました。

「前掛け」この言葉、昭和の香りがプンプンします、

黒地に赤いバラは、マリメッコの端切れで寸法ギリギリでした。

こぎれいに見えるように写真を撮ってますが、ポケットも紐も生地を接いでいます。

リサ・ラーソンの猫の生地は90センチでたっぷり、腕カバーも一緒につくりました。

腕カバーは便利、腕に通しておけば服の袖が下がってくるのを防げるだけでなく、袖口が汚れるのを防げます。

割烹着はそろそろ暑くなってきたので、これからはこちらが重宝します。

赤い前掛け・・・かわいいでしょ? (なんか…文句…ある?)(年を考えろ?)

なにも聞こえん!!

毎日~毎日~ご飯を作るんですから、

少しでもテンションが上がるように、せめて前掛けぐらいは派手にねぇ~

これでスーパーに行ったりしませんよ。。どうでもいい話だけど。

 :::

自粛生活中に 少しですがあれこれ片付けたつもりです、

お片付け世界では有名な こんまりさん、

ときめくか否か、が 片付けの基本とのこと。

ときめくか? という基準はわかりやすいですね、

ときめき方も人それぞれ、残したい基準もそれぞれですが、

最近買ったものでも・・もう~いいや~と、いう物もありますし、 

古~くなっても捨てられない、ときめく物もあります。

 

かなり古くなっている・・もうときめかない・・夫は??

(相手だって同じことを思っているはず、この古女房・・チッ。と)

ときめきだけでは決められないこともありますね、

思い出の品々もどこまで取っておくか、それは家庭によって違うのが当たり前、

と、いうことで、

時には情けも必要じゃぁ!!

::::

昨日のご飯

ホヤを買ってきたのに、写真に写っていない・・がっかり、美味しかったのに。

f:id:ura-sima:20200516173004j:plain

全く映えませんが、それなりに美味しいからいいんです、

山菜も春しか出番がないので、今が主役だ。

シドケのお浸し、わかめとキューリの酢の物、豆もやし・小松菜・ハムの和え物

魚は赤魚の醤油漬けとトマトとカリフラワー。

 

それではまた。。。

雨が降ってますか? こちらは、まだです。。。