八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

コシアブラ・ワラビ・シドケ・コゴミ

f:id:ura-sima:20200424204848j:plain

4月24日 晩ごはん

コシアブラと人参の天ぷら、

ワラビとコシアブラのお浸し(ワラビにはごま油、マヨネーズとめんつゆ)

湯豆腐には行者ニンニク醤油をかけて、あとは残っていたカボチャ煮。

f:id:ura-sima:20200425140931j:plain

f:id:ura-sima:20200424205030j:plain

裏庭の隅に植えてあるシドケが大きくなってきました、

ちょっとだけ収穫してお浸しにしました。

☆シドケ:モミジガサ

山では渓流沿いにあり、葉がもみじに似ている。さっと茹でて醤油やめんつゆで、

水にさらす過ぎると風味が無くなるので注意。。

春の山菜では一番香りが強いかもしれません。

f:id:ura-sima:20200425141414j:plain

4月23日 晩ごはん

サバの干物焼き、サラダ、牛肉とごぼうのしぐれ煮、カボチャ煮とぬか漬け。

サラダに初収穫のコゴミを摘んできました。

くるんとして可愛いけど渦巻の中をきれいに洗うのがちょっとだけ手がかかります。

☆コゴミ(クサソテツ)アクもほとんどなくさっと茹でたらOK、クルミ和えも美味しい

f:id:ura-sima:20200425143345j:plain

 ちょっとアンモナイトにも似ている?

中心をじーっと見つめていてはダメ・・青虫に見えてくるよ~ん。。

それではまた。。