八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

憎めない悪人、好きになれない善人

「ひとり暮らし」  

憎めない悪人というのがある 反対にどうにも好きになれない正義のひとというのもいる ―中略ー

心というこの訳の分からないものは、ひとつやふたつの基準ではかれるものではないという事も また私たちは誰に教わらずとも知っているらしい

悪人という意味を大きく広げ過ぎると大変ですので、それぞれの良心の範囲以内で。

悪人というほどではないが、嫌いなタイプというのは誰にもあると思いますが、まさか人間みな兄弟、だからみんな好き・・・そういう方も、いるのかな?

とりあえずここでは狭い考えの自分中心のお話しです。

 

嫌いなタイプを考えると、嘘つきな人、時間にルーズな人、ケチな人、弱い者いじめをする人等々あると思いますが、この嫌いな項目の中に自分だってちゃんといることに気付きます。

いやですね、完璧な人間なんていないと勝手に決めつけていますが、時々自分もやらかして反省して落ち込んで・・・でも悪人というほどじゃないとこっそり自分を慰めたりして、適当にスルーしてます。

 

好きになれない正義の人、これはやっかいです、正義ってなんですか?

道徳的に正しい行いをする人(国語辞典より)でしょうか。

 

先日の法要で住職のお話しがこのようなお話しでした。

『善人なおもって往生を遂ぐ  いわんや悪人をや』

 良く解らないので、家に戻ってきてから検索しました、

親鸞聖人の『歎異抄』によれば
悪人=すべての人間 だというのです。

『善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ』

親鸞聖人の言われる「悪人」とは、人間の代名詞なのです。
なぜ親鸞聖人はすべての人間を悪人と仰ったのか。
それはどんな人間も苦しんでいるからです。
貧富の差や能力、財産、名誉、地位の有無などと関係なく、人は皆、苦しみの中で生きています。 (一部抜粋)

https://1kara.tulip-k.jp/naruhodo/2018074851.html 

検索していくと、宗教からニーチェまで何やら深くなるのでここで止めました。

『善人ほど悪い奴はいない』byニーチェ

悪人正機』by浄土真宗教義より

 

 善人・・いい人、行いの正しい人(国語辞典から)、これも正義の人という事になるのでしょうか?

なんか気色悪い雰囲気がありませんか? ワタシの根性がひねくれているからですが、善人という言葉の中に偽善が見え隠れしている気がしてならないのです、これもまた自分に問いただしてみると 度量の小ささや、妬みや僻みが見え隠れています。

:ねたみ(妬み)相手の立場をうらやましく悪意のある言動になる事

:ひがみ(僻み)自分の立場が不利であると思い物事をゆがめて考える事

妬み・嫉み・僻み 一切ありませんという方がいたら・・出てこいやぁ~~~(笑)

 

まっ小難しい話しよりワタシの度量の小ささを一つご披露 (なぜか偉そうにですが)

✓ワタシの 悪口を言う人は嫌いじゃないです、しかし、
✓ワタシが言った 悪口を告げ口する人がーーーーき・ら・い。

 

告げ口する人は、悪口言う人よりも信用できません。

  

おまけの話し

作品を見ると、この人はどういう人?というのがものすごく気になってしまいます、

文学者の皆さんの、色恋沙汰なんか大好きですし、

それで谷川俊太郎さん、妻が3人 結婚歴が3回、事実婚を入れると5人?とか出てきてなんかワクワク・・・その中でとても気になったのが

「100万回生きた猫」の佐野洋子さんです、(亡くなられたのが2010年)

1990~1996年まで谷川さんと婚姻関係にあったことを知って・・・びっくりでした。

 

 ではでは。。。

いやぁ~~今日はちょっと哲学しちゃったよ、なんて、ね。