八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

サラダ記念日はから揚げ記念日

7月6日はサラダ記念日

俵万智さんの短歌はとても有名ですが、本当はカレー味の唐揚げだった!と テレビで俵さんがお話しされているのを見たことがあります。

グーグルで検索すると、去年あたりの記事が多いのですが、ワタシはサラダ記念日を読んだ頃ですから、もうずいぶん前の事です。

その話しを知ってから「あれ、これは本当なのかな?これはどこが違うのかな?」と 俵さんの短歌の見方が変わってしまったことを覚えています。

 

嫁さんになれよだなんてカンチューハイ2杯で云っていいの?

・・‥本当に缶チューハイ??

自転車のかごからはみだしたセロリとか?

・・・セロリ? ネギじゃなくて? なぁんてね。

 

あれは嘘だった、と言えばそれまでですが 一つの作品が本になるという工程はなかなか面白いなぁ~と感じました。

・野球観戦のお弁当にカレー味の唐揚げを入れたこと

・彼がおいしいねと言ってくれて嬉しかったこと

・野球観戦したのは7月6日ではなかったこと

こんなことから・・・サラダに代わって、そして日付まで変えるなんて驚きです。

この短歌で彼女が一番伝えたかった事は、

『この味いいね』とカレー味の唐揚げを褒めてくれたこと、嬉しかった自分の気持ちだったそうです。

限られた31文字の中に 一番印象に残っている事柄と自分の感情をぎゅっと盛り込む、やっぱり凄いなぁ。

 

『愛された記憶はどこか透明でいつでも一人いつだって一人』サラダ記念日より

 いつでも一人 いつだって一人・・・そう~なのね、感想は省略。

 

俵万智さんのサラダ記念日で、短歌がブームとなって始める方も多かったようですね、ブームで終わってしまったのかどうかは解りませんが。

 

さぁ~今夜は唐揚げとサラダにしようか? 夫はきっと何も言いませんから、

 

「この味いいでしょ!!」 と ワタシから言ってやるるるるーーがぶっ

 

 今日のごはん

f:id:ura-sima:20190706192452j:plain 

「今日はサラダ記念日だよ」と話したら、

「ああ~だから から揚げなんだ」と夫の一言、以前話したことをちゃんと覚えていたようです、感心感心。

「サラダが から揚げに変身かぁ~」と 夫。(それは逆だ)

なんだかんだと話しながら、から揚げがサラダに変わってしまったけど、その時の彼女の気持ちに嘘は無いよね、と 無事に着地。

 どんとはれ。。。