八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

テッペンハゲタカ?の夢と野望

f:id:ura-sima:20190623202535j:plain

          庭のブルーベリーが膨らんできました

頭が寂しいです、頭髪のお話しです、

中身のことでは決してありません、心配なので一応書いておきます。

60才になったら白髪染めは止めようと思っていたのですが、中途半端な白髪のてっぺんにうんざりして染めることが止められません。

いろいろ試してきました、こんなものも最近は使っていますが

どんなにお高いものを使っても髪は伸びます、当たり前のことですが白髪が伸びてくると、テッペンが白くなり富士山状態と云うそうです。

ちなみに茶髪に染めた若い方の髪が伸びて黒くなってくることはプリン状態らしいです。

 

「テッペン・・・薄い」と 夫に言われます
「しってるっんじゃい」と 声を荒げてみても・・事実は事実です。

「早く乗せて 盛りなさい」と 言われます。そうです、ウィッグを乗せろというのです。
女性用のウイッグは一体いかほどなのか?上を見たらきりがありませんが調べてみました

 

www.aderans-shop.jp

価格はいろいろですね、自宅でお試しが出来るというのはちょっと気になります、

しかしオーダーメイドにしたら大変です、

 

夫は言います、早くしないと減価償却できないぞと。

ウィッグを減価償却するんですか!! なんとまぁ~驚きます、

悔しいので質問しました、

「原価償却!!一体何年にするの?定額法それとも定率法にするの?」と、知ったかぶりでいいました。

(一応日商簿記は持っています、50年近く前の事ですが)

「定率法で10年として早く始めないと・・さ、間に合わないぞ」だって。

10年ですって、一体いくらすると思っているのでしょう

確かにオーダーメイドだったら20万円ぐらいするものもありますが、トップだけの物なら5万円ほどで充分なのに。

じゃぁ~夫はどうかと言いますと、毎朝たたいていますよ、ブラシでポンポンと

「さぁ~あなたの未来は?」なんてCMありますよね、

本当にワタシが代わりにたたいてやりたいです。

 

でもね、グレイヘヤ―に憧れているんです、ただ、それまでの道のりが大変なんですよね、今年は美容院に行くたびにショートカットを少しづつ進行させています、

いきなり和田OOこさんやモノマネのシャチOOさんには出来ませんので。

今年中に決心できるかな?

いずれ・・きっと・・たぶん・・悩みは深まります。

しかし、白髪というのは遺伝するものなのでしょうか、ワタシは4人兄弟で姉が二人いますが、母も姉たちもやっぱり早くから染めています、白髪になったら髪が薄くなることはないだろうと思っていたのですが、みんな薄くなっています。

姉たちも『OOこ、早くやってみて』と いうのです。

 お試しが出来るらしいよと言ったら、姉妹でやってみようと話ばかりが進みますが

どうなることやら・・・

写真を撮ってお見せできる日は来るのか?‥と

ワタシの未来は・・・野望だけがふつふつと・・・