八つの風を受けて

小さな食卓から地味なごはんを晒します

ジオン注と夫の後ろ姿に笑った日

腸内環境と便秘のお話しを以前記事にしましたが、今回は・・・痔のお話しです。

夫婦そろって、トイレ事情がなかなか盛りだくさんです。

でも、痔って意外に身近なんです、夫が通っている病院でも女性の日があるんですよ、若いお嬢さんも通院されているようです。

 

f:id:ura-sima:20190603124515j:plain

 夫が、手術を受けたのは2年前、そして今年・・また・・なった。

♬なんでだろう~なんでだろう~

前回は 2泊3日の入院でした。パンフレットにある 「ジオン注」による治療法です。

これは一体どんなものか?

ジオン注でグーグルで検索すると、このパンフレットと同じことがいっぱい出てきます、専門的な注射の内容については そちらで確認したほうがいいと思います。

素人の説明になりますが、切り取らずに薬の注射で痔を硬くして固定させるらしいです

 

手術をした夫の感想を・・・

 ①下半身に麻酔をするので治療は痛くない

 ②痔核1つに対して4か所に分けて注射を打つので、少しびっくりした

 ③手術の後の排便が緊張した

 ④ドーナツ座布団が必要になった

 ⑤しばらくの間 力仕事は出来ない 重い荷物も持てない

1か月程で通常の生活にもどりました、退院後に出血をすることもありませんでした。

 

今回の手術は日帰りでしたので、一人で車の運転をして出かけました、大丈夫なの?と聞いたら、車の運転OKという事。

帰って来た時の様子を見ていると、
下剤やら浣腸やら、その上患部に注射などなど 少々感覚が鈍っているようでした。
「んっ」と 力を入れなくても、ぷ~~~っとしただけで 

「なんか出たみたい~」と、トイレに駆け込んで

「ああ~漏らしたよ~~」って 可愛らしく吠えてましたが、

70・・過ぎてんだよ、君は。 

 しかし夫の偉いところは パンツを自分で洗うことです、正しい人間に育っています。

とにかく 2~3日は紙オムツのお世話になりました。

 

オムツを穿く君

前回の手術の時にオムツの必要が無かったのは、ちゃんと入院したからなんでしょうか。

オムツ姿の夫には笑うしかないのですが、写真を撮っておけば良かったかな。

 

いそいそと近づいてきて
「紙オムツの後ろと前は・・・これでいいのかな?」 って、

わざわざ見せに来なくてよろしい

どうやら、それは男女兼用の代物だったらしい、最近はそんなことは無いと思うけど。

義父が生前使っていたもので10年ものよ、

正に ビンテージ。

残して置いて良かった、無駄にしなくて良かったよ、

 

 断捨離 とりあえず 蹴とばしておこう いざーーーー